損保系生保合併で商品はどうなった byしごとにん(101)三井住友海上あいおい生命

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説

損保系生保合併で商品はどうなった byしごとにん(101)

7562  三井住友海上あいおい生命
【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ

2011年秋の損保系生保合併で商品はどう変わったのか


2011年10月に、本体の損害保険会社の再編に伴い、三井住友海上きらめき生命とあいおい生命が合併して「三井住友海上あいおい生命」、損保ジャパンひまわり生命と日本興亜生命が合併して「NKSJひまわり生命」が誕生しました。

各社それぞれ使い勝手がいい商品を出していたので、今回の合併は気になるところでした。

2社を一本化するわけですので、これまであった商品がなくなってしまうケースが必ず出てくるからです。

というわけで、今回は合併によって新しく誕生した「三井住友海上あいおい生命」と「NKSJひまわり生命」の商品の変遷のポイントを絞って見てみます。

一番使えるがん保険がなくなった!?


まず「NKSJひまわり生命」について見てみます。

ここは単純に旧損保ジャパンひまわり生命に統合された、と言っていいと思います。

旧損保ジャパンひまわり生命については、非喫煙の割引や保険料低減、保険料免除の特約があり選択肢が豊富でしたので概ね妥当なかたちになっていると思われます。

ただ、ひとつだけとても残念なことがありました。

旧日本興亜生命のがん保険が消去されてしまったことです。

このコラムを読んでいただいている方はご存じだと思いますが、商品の比較や「連合軍」を組む際に大いに活躍してくれていたのです。

「NKSJひまわり生命」のがん保険は、“業界初”と謳っている「がん外来治療給付金」が初めから付加されています。

内容は「医師によるがんの外来治療(通院・往診)を受けたとき」に1年間に120日限度で入院給付金と同額が給付される、というものです。

それではここで、他社との比較を見てみましょう。



ミニマムプランで一番保険料が抑えられているのはアフラックですが、診断給付金は初回限定で、上皮内がんは10%しか出ません。

また手術はオプションとなります。

ここ数年ですが、がんになっても入院による治療は減少傾向になっていることから、通院や収入保障、または抗がん剤や放射線治療に対する給付金を付加したがん保険が増えており、それ備えるものになっています。

一方、旧日本興亜生命のがん保険は、診断給付金と入院、手術のみと至ってシンプルな内容で、その分保険料がかなり抑えられていました。

ものは考えようですが、診断給付金の100万円があれば通院やその他の治療費にあてられるのではないか、と以前書いたことがあります。

診断給付金の使途は自由ですし、その都度請求する必要がないので診断書をもらう手間や費用はかからず使い勝手はよかったのです。

「通院が増えている」「抗がん剤治療はお金がかかる」など嘘ではありませんが、少々煽り過ぎでなないかと思います。

また、通常の医療(入院保険)に加入している場合は、その上にそれとほぼ同じ保険料負担をしてそこまで備える必要があるのかしら、と感じます。

もちろん備えることは悪いことではありませんが、保険会社の販売促進にはまり過ぎるのはどうでしょう。

ともあれ、がん保険のトレンドとしては、診断給付金と入院以外の要素を付加するのが主流となっているので、保険会社の判断としては自然の流れで旧日本興亜のがん保険は削除したということでしょう。
誠に残念でありますが。

唯一の「利率変動且つ低解約型終身保険」は生き延びた


もうひとつの合併会社である「三井住友海上あいおい生命」を見てみます。
こちらは規模の小さい旧あいおい生命の方のイメージが残った感じです。

注目していたのは、業界唯一の利率変動型で低解約型の終身保険です。

これは旧あいおい生命独自のもので、なんとか残って欲しいと願っていましたが、そのままの形で残っていまいした。

保険料ベースで比べると一番安い変額終身保険に次ぐ安さになり、市場金利上昇に備えるしくみで、更に支払期間中の返戻率を下げることにより保険料を抑えているので使い勝手が良い商品です。

また定期保険においては、旧三井住友海上きらめき生命の得意技であった「SD(セーフティ・ドライバー)割引」が残っており、うまく「たすき掛け」されたと思います。

結論として


トータルのラインアップとしては、誠に残念ですが一番使い勝手が良かった旧日本興亜生命のがん保険がなくなってしまったのが痛手です。

入院を必要としない治療に特化したトレンドのがん保険が主流となり、「ガラパゴス諸島のようだ」と揶揄されたこれまでのニッポンの携帯電話「ガラケー」よろしく、従来のシンプルで低コストのがん保険が淘汰されてしまったのは、時代の流れとして受け入れるしかないのでしょうか。

携帯電話の市場では、スマートフォンには新しい付加価値があり、それなりに上乗せのコストがかかりますが、新しい付加価値はそれほどのものなのか疑問であり、がん保険の状況も同じだと強く感じます。

現在は発展途上で過渡期であって、まだまだコストなどがこなれてくるとは思いますが、通常の医療保険と同じぐらいのコストでがん保険に加入するのはお勧めできません。

今回の損保系生保の合併で、改めてがん保険のインフレ状態が見えてきたのではないでしょうか。


2012.1.










生命保険比較 生命保険比較









日本生命/ 第一生命/ がん保険比較・ガン保険/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ