「漢字生保」がいいか「カタカナひらがな生命」がいいか

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説

「漢字生保」がいいか「カタカナひらがな生命」がいいか

9050  
【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ

「漢字生保」がいいか「カタカナひらがな生保」がいいか

このページを読む前に↓のページをお勧めします。
生命保険の選び方…保険選びは相談相手選び


保険セールスレディと保険営業マン…どの保険プロに相談するか


漢字生保という言い方は、「日本生命」「第一生命」「明治安田生命」「住友生命」といった従来からある保険会社のことです。まさに「漢字」ですから。

カタカナ生保という言い方は、「プルデンシャル生命」「ソニー生命」「アメリカンファミリー」等の外資系ないし後発の生命保険会社の言い方です。その後に「東京海上日動あんしん生命」「損保ジャパンひまわり生命」「三井住友海上きらめき生命」といった、ひらがな生保が損保子会社を中心に出現しています。

「漢字生保」がいいか「カタカナひらがな生保」がいいかという議論があります。

大きな違いは営業体制です。従来型の女性を中心とする保険セールスレディの営業体制か、男性営業マンを主体とする営業体制かです。

「カタカナひらがな生保」にはビジネスにおいての他業界からの転職組みも多く、社会経験が多くコンサルティングを志向する営業マンが多いのは事実でしょう。しかし「漢字生保」にも的確なコンサルティングを続けているセールスレディも多数います。一概にどちらがいいとはいえません。

商品で言えば、「カタカナひらがな生保」は単純な商品が多いようです。それはコンサルティング販売をするために単純な商品を多数用意して、それをパズルのように組み立てて顧客に合わせた保険設計をするためです。

一方で「漢字生保」の保険商品は様々な保障がパッケージされたセット商品がほとんどです。テレビコマーシャルで商品名を連呼していますので、商品名を聞いた瞬間に「聞いたことのある名前」と思うでしょう。

「漢字生保」の商品はパッケージされていますから融通がきかないし、無駄な保障がついて、それゆえ保険料が高かったりします。しかし様々な保障がパッケージされていて保障に漏れがないという安心感もあります。「○○病になったら以降の保険料は不要です」といった商品の特色を出すための「ウリ」があったりします。

どちらがいいのでしょうか。

「カタカナひらがな生保」の営業マンに勧められて、保険の見直しを行い、それまで入っていた漢字生保の契約に無駄が多いと、保険を乗り換えたところ、その直後に、○○病になることも実際にあります。

保険の見直しといえば無駄な保障を省くことが注力されます。死亡保険金は幾らでいい、ということは分かりやすいのですが、「○○病になったら以降の保険料は不要です」といった保障が見直しに際してなくなってしまうことも多いのでしょう。

保険の見直しをせずに漢字生保の保険商品のままだったなら「以降の保険料は不要」になったのでしょう。長期間にわたって保険料払い込み不要で保障が続きますし、場合によっては満期金等もあるかもしれません。○○病になる確率は低いかもしれませんが、その確率はゼロではないのです。「カタカナひらがな生保」に出会ってしまい、保険の見直しをしてしまったことで大損したことになります。「カタカナひらがな生保」の営業マンを恨んでも元に戻せません。そんなこともあるのです。

生命保険は月2万円の保険料で30年払えば720万円にもなる高額商品です。「漢字生保」では直前まで主婦であり社会経験のなかった女性までもが突然に高額商品である保険を販売します。

だから誰が販売しても大きくは外れないようにと、多めの保障をつけたパッケージ商品の販売が推奨されています。だから不要なついていることが多くあるということも事実です。誰が販売しても販売しやすいようにと「以降の保険料は不要」といった他社にはない特色をつけたりしています。(なお「以降の保険料は不要」は保険会社の無料サービスではなく、その分のコストが保険料がちゃんと織り込まれています。)

「カタカナひらがな生保」の営業マンは基本的にはパッケージ商品ではありません。無駄を省いた保険の商品設計がしやすくなっています。しかし「カタカナひらがな生保」のデキの悪い営業マンの思い込みで設計された商品にはトンデモナイものもあるでしょう。「漢字生保」のパッケージ商品の方が良かったかもしれません。

「漢字生保」と「カタカナひらがな生保」…どちらがいいか。

酷ですが、自己責任です。一般消費者にこのような「自己責任」を求めることは、極めて酷だと思います。そんな自己責任を求めてはいけないと思うのですが、しかしそれしかないのです。

だからこそ「相談相手探し」


だからこそ「どの商品か」よりも「どの保険プロ(保険営業マンと保険セールスレディー、そしてファイナンシャルプランナー)か」かが大切に思えます。納得して保険に入るためにです。将来振り返って後悔することがないように納得することです。そして納得するのは、商品に対してではなく、保険プロに対してでしょう。

そして納得の仕方は、保険プロに納得するのか、とその説明に納得するのか、があります。

保険プロに納得するか、とは、「この人なら大丈夫だ。全部お任せ、全部丸投げ」です。そして、その説明に納得するのかとは、「ここはどうなってるの」という質問に一つ一つ答えてもらって、保障の内容に納得することです。これも最後は「この人なら大丈夫だ。」に行き着くでしょうけれど。




「商品」を比べるのも重要なのですが、「保険プロ」を比べるようにしましょう。保険プロの説明をよく聞いて、「良いところは」「悪いところは」「特徴は」「別の会社の商品と比べてどう」「私にとってはどう」といったことを根堀り葉堀り聞きましょう。それが納得するための道筋です。ただ質問する前にその保険会社の商品をこの保険選びネット等で調べてからが良いと思います。

例えば「何で設計書での保障額が5000万円なのですか」と問いましょう。「皆さんこんなものですから」といったあきれた答えもあるし「お客様の場合にはお子さんが何人だし、だから…」といったなるほど、という答えもあります。誠実に答えてもらえるのか。ちゃんと考えてくれているか。その営業マンが新人で知識が足りなかったとしても誠実かどうかはなんとなく分かります。

保険プロは他社商品との比較販売をするなと言われています。しかしそれを杓子定規に振り回されるのならばその程度の保険プロです。他社の別の保険プロからもらった提案書を見てもらいましょう。誠実であれば自分の提案する商品と他社の商品との違いについてのちゃんとした見解をいただけるでしょう。その会話からより必要な保障が見つかるかもしれません。

また生命保険にはいるにあたっては「告知」といって健康状態を伝えなければいけません。「こんな病歴があるのだけれども」と言うと杓子定規に「保険には入れません」とか単に「黙ったまま隠してください」とかの反応もあります。なお「黙ったまま隠してください」は論外ですよ、そんな人に相談するのはやめましょう。

誠実にお客様のことを考えていれば「その健康状態では当社の商品ではダメだけれども…」「あと○ケ月すればそのことは告知義務から外れますよ」「保険料は高くなるけれど、この商品なら」「その病気の箇所についての保険金が出なくなりそうですよ」「その病気についてはあの保険会社なら…」とか「黙ったままだと、こうなります。だから…」といった細かい説明や踏み込んだ答えもあるでしょう。

ただ「こんな病歴があるのだけれども」を説明するかどうかは、自分でよく考えてからです。…これこそ、まさに自己責任です。
病名告知して保険契約するのはどのくらいか
告知についてどのように対応するのか




納得できなければ、申込書にハンコをおすのは踏みとどまりましょう。そして別の保険プロにも相談してみましょう。「保険選びネット」の掲示板に相談してもいいし、「相談相手探しコーナー」で相手を探してもいいですし、最近はスーパー等にカウンター形式の保険ショップも目立つようになっています。そこで買い物ついでに気楽に相談してみましょう。

「生命保険…おしえてください」掲示板
各生命保険会社掲示板
【ひとりで悩まないで!!】ネット上には同じ悩みの仲間も経験者も相談相手もいる。情報も知恵もある。
HOKEN相談相手探し…「生命保険選び」は「相談相手選び」(保険プロ・FP)
消費者向け保険セミナー告知板消費者向け保険相談会告知板もあります


「他の人に相談なんかしては失礼だ」なんて思わないように。「他の人にも相談しますから」と先に言ってしまいましょう。それにノーというような保険プロとは相談などしないように。

そして複数の保険プロに相談すると様々な視点で必要な保障や保険が見えてきます。





例えば、最近は一泊二日入院でも入院給付金がでる医療保険や、保険料を安くするために最長60日しか給付金がでない医療保険があります。最近はどのような病気でも60日ぐらいしか入院しないようですから、それでいいと言われています。一般にも一泊二日入院への保障を求める傾向があるようです。

でも是非はともかくも、こんな考え方もあります。

「60日入院で1日給付金1万円とすれば60万円か…。そのくらいの金額なら貯蓄でまかなえる。だからそんな医療保険はいらない。必要なのは60日以上の長期の入院だろう。だったなら60日までの入院なら給付金不要で最長2年間ぐらいは給付金がでる医療保険、つまり最初の60日間は入院給付金が出ないけれどその分保険料が安い保険でいい。また自宅療養になれば入院給付金はでなくなる。だったならば医療保険よりも所得保障保険(損保商品)のほうがいいかもしれない…。」

「普通の生命保険の死亡保障はほんの少しでいい。住宅ローンに死亡保障がついているから、死んだら住宅ローンがチャラになる。家族は実家に戻るのだから、自宅を売り払ってカネにすればいい。」

これで60日までの入院をしても1円も入院給付金がでません。また死んでも保険金はほんの少しでしょう。でも自分で納得したプランであれば納得できるでしょう。

複数の保険プロに相談することで、様々な視点をもつことができます。



生命保険の選び方…保険選びは相談相手選び








生命保険比較 生命保険比較









日本生命/ 第一生命/ がん保険比較・ガン保険/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ