新しい保険会社が続々登場

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説

新しい保険会社が続々登場

9232  
【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ

●祝 新保険会社オープン



次々オープンしています。金融庁のプレスから
http://www.fsa.go.jp/news/19/hoken/news_menu_h.html

保険会社の新規免許
  • 平成19年7月31日 第一フロンティア生命保険株式会社
  • 平成19年10月26日 エイチエス損害保険株式会社
  • 平成19年12月26日 SBI損害保険株式会社
  • 平成19年12月26日 アニコム損害保険株式会社
  • 平成20年3月7日 アリアンツ生命保険株式会社
  • 平成20年3月21日 アドリック損害保険株式会社
  • 平成20年4月2日 SBIアクサ生命保険株式会社
  • 平成20年4月10日 ライフネット生命保険株式会社

まず損保の新会社の免許が続きました。エイチエス損保・SBI損保・アニコム損保・アドリック損保と新顔で異業種からの損保会社
が続きました。

アニコム損保さんはペット保険からの保険会社参入ですし、アドリック損保さんは□が株式の過半数所有していま
す。□は保険代理店ですから、保険代理店の子会社に保険会社が生まれたということです。保険会社の下に保険代
理店があるという「保険業界の常識」が破られました。

http://www.anicom-sompo.co.jp/
http://www.adlick.co.jp/



新損保の免許が続ました。生保の動きは止まっていました。第一フロンティア生命とアリアンツ生命の免許がありましたが、既存生保
会社の変額年金部門といった感じで目新しいものがありませんでした。しかし4月になって二社が続けざまに免許取得となりました。

ライフネット生命さんとSBIアクサ生命さんです。

http://www.netseiho.com/
http://www.sbi-axa.co.jp/



ライフネット生命は5月18日営業開始なのでまだ営業を開始していませんが、SBIアクサ
生命はネット完結型で業界最低水準の保険料をうたっています。生命保険業界の淀んだ空気を両社で吹き飛ばすことを祈っています。

祝! 新保険会社営業開始

●異業種からみる保険業界はブルーオーシャン



http://www.bird-net.co.jp/rp/MM080307.html
下の方↑の「異業種からみる保険業界はブルーオーシャン」に書いてありますが、中古車販売のガリバーインターナショナルは新制度のミニ保険会社の登録申請中です。

中古車を売却した人を対象に欠陥が見つかった際の修理費用などを補てんする保険です。また旭化成ホームズもミニ保険会社を通じて家財保険を提供します。旭化成ホームズはすでに自前で家財共済を提供しており契約件数は1万5000件です。これをミニ保険会社に移します。

保険業界は他業界からは、競争がなくておいしく見える業界です。

特に損保は商品の切り口が豊富ですので、切り口さえ変えればすぐにでも異業種からの新規参入できるようです。生保は商品の切り口が限られているので損保ほどには新規参入がすくないようです。

さて「生命保険業界」はブルーオーシャンでも、「生命保険販売業界」はレッドオーシャンだと思っていましたが、他業界から見ると生命保険販売業界までもがブルーオーシャンに見えるようです。

保険ショップに異業種からの参入が始まっています。保険ショップ展開を推進するライフサロンさんが異業種からのフランチャイズによる店舗を次々とオープンさせています。
http://www.lifesalon.jp/

http://vl-fcbiz.jp/article/a000196.html
ここ↑に異業種から保険業界への参入の声が書かれています。これ以外にも自動車販売会社とか建設会社等様々な業界から参入するよ
うです。

http://vl-fcbiz.jp/franchise/f000010.html
「2008年春に全国100店舗、2010年には1500店のオープンを目指しています。」

インターネットのポータルサイトが保険販売業界に真剣に参入したら、きっとすごいことになりますよ。ちなみに楽天は保険会社をつくるといっていたのですが保険代理店になりました。ポータルサイトは保険会社より保険代理店とのほうが相性がいいはずです。


●既存の保険会社はどうするのだろう



既存の生命保険会社は考え方を変えないと生き抜いていけないのではないでしょうか。

従来からの漢字名の国内生保が危ないといわれていますが、後発で保険業界に参入し、気がつけば保険業法の規制の中での成功体験を身につけ、保険業界のぬるま湯を最大限に甘受してきたカタカナ生保の方が、本社サイドは安心しきったぬるま湯体質かもしれません。アルバイト感覚の主婦の営業員が普通だと人々が思っているところにピシッとスーツを着込んだビジネスマンを投入すれば負けるはずはありません。このままでいてほしい…と思って当然です。もしかするとこちらの方が考え方の転換が難しいかもしれませんね…。

逆に漢字国内生保の方がバブル期からの営業と財務の危機と大転換を経験してきました。このままでいいとはどの会社も思っていません。

かつては保険業法の規制にしばられアホでもトップが務まった業界、いやアホ(余計な難しいことは考えずに人を増やせ、保険をとれと言い続ける人)でなくてはトップが務まらなかった漢字生保業界ですが、いざとなれば本社サイトの人材はそれなりに揃っています。


●保険業界の松井証券にどこがなれるのか



証券業界では新しい時代に松井証券が飛び出しました。

生命保険業界に松井証券は生まれるのでしょうか。ライフネット生命さんでしょうか、SBIさんでしょうか、それとも□さんでしょうか。はたまた三井ダイレクトさん?。

下の記事で「証券会社」を「生命保険会社」に置き換えても全く同じです。ただ生命保険業界は天下りは受け入れていなかった様に思います。

「当時の松井証券は、歩合営業が主流で、利益の大半を歩合外務員が稼ぎ出していた。社長の仕事といえば、彼らの管理と同業社長連中との付き合い。証券業界は大蔵省による免許制、業者の生殺与奪の権利は大蔵省が握っていた。天下りと引き換えに業界は撤密に保護され、業者は大蔵省の顔色のみを覗っていた。「昔陸軍、今大蔵省」が武の口癖だった。「生き馬の目を抜く」はあくまで社内兢争。差別化要素は規模であり、法定手数料で価格競争もない。峻烈な国際競争を強いられていた海運業界とは全く違う世界であった。武の「つまんないよ」はそういう意味だった。道夫は入社して仰天した。何もしなくても、お金が天から降ってくる。業界全体がバブルの宴に酔いしれていた。証券会社の新入社員ボーナスが、その親より多かった時代である。」
(日経ヴェリタス2008.4.13.松井証券の広告より)






生命保険比較 生命保険比較









日本生命/ 第一生命/ がん保険比較・ガン保険/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ