保険比較201209 治療費用重視のがん保険比較セコム損害保険

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説

保険比較201209 治療費用重視のがん保険比較


【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ

9828  セコム損害保険  

治療費用重視のがん保険 比較

ここ数年で多様化し、保障内容も変化してきているがん保険。入院せずに治療するケースが急増しているという背景があります。

外来によるがんの治療費は、約10年前の平成11年には約6,000億円だったものが平成21年には1兆円を超えました(厚生労働省「国民医療費の概況」より)。がんで入院した場合の平均入院も平成11年には約40日程度だったものが平成20年には約24日と短期化しています(厚生労働省「患者調査」より)。

以前のがん保険は入院・手術がメインの保障でしたが、このような背景のもと、入院・手術の保障だけでは不足するかもしれない治療費を診断給付金(診断一時金)でカバーするものが主流となり、昨年からは受けた治療に応じて給付を受けられる保険商品が出始めています。

まだ数は少ないですが、今回は治療に応じて給付金が出る、治療費重視タイプと言えるがん保険を比較してみたいと思います。

■治療費重視のがん保険


<生命保険会社の保障タイプ>

<損害保険会社の費用補填タイプ>


■一般的ながん保険との違い


※ここでは診断給付金と入院・手術の保障をメインとしている商品を「一般的ながん保険」と表しています。

●診断給付金


がんと診断された場合の診断給付金の保障内容は、一般的ながん保険では、「2年に一回を限度に何度でも」というものが主流になっており、今回とりあげている治療費重視型のものより充実していると言えるでしょう。

治療費重視型の商品は、保障(補償)の重きが診断給付金ではなく、治療費におかれている点が他のがん保険とは異なります。

アフラックの「Days」はスタンダードプランでは一回限り(フルサポートプランでは再発・治療給付金や生存しているときにもらえるライフサポート年金がある)、アクサ生命の「治療保障のがん保険」にいたっては、診断給付金はありません。

治療費用を補填するセコム損保とSBI損保の商品には、両方とも診断給付金があります。ただし、セコム損保は3年に一度を限度としています。SBI損保は2年に一度ですが、完治していたものが再発したり転移して以前とは違う部位のがんになった場合となっていて、継続して治療中の場合は対象となりません。このように診断給付金はあるものの、微妙に保障内容は異なっています。

●入院、手術、通院した場合の保障


一般的ながん保険では入院した場合には1日あたり1万円など定額、手術は1回20万円などの定額のほか、手術の種類によって10・20・40万円の定額になっています。

通院給付金は保障が無いものや、あってもがんで入院し退院した後の通院を保障しているものがほとんどです。このような保障内容の場合、入院せずに治療を受けた場合には、手術には給付金がありますが手術以外の治療の場合には診断給付金で治療費をカバーすることになります。

アフラックの「Days」、アクサ生命の「治療保障のがん保険」とも、通院で放射線治療・抗がん剤治療を受けた場合の保障に重点を置いているのが特徴です。

これらの治療を受けた場合には、1回の治療で20万円、10万円などの定額の給付を受けることができます(ただし、60日間に1回、1ヶ月に1回などの制限はある)。

セコム損保・SBI損保の費用補填型の商品では、入院であれ通院であれ、がんの治療のために支払った費用(健保対象の治療の自己負担相当額分、先進医療の費用、自由診療の治療費)を補填してくれます。

※なお、この2社の補償内容はほぼ同じですが、自由診療に関してセコム損保は「協定病院およびがん診療連携拠点病院や大学付属病院等の会社認めた医療機関で受けたもの」、SBI損保では「医師が作成した診療計画を提出し、会社が承認したもの」としています。

■治療費用重視型のメリットとデメリット


一般的ながん保険は、がんと診断されて入院したり手術した場合にどのくらいの給付金を受け取れるかの目安が付けやすい商品です。

診断給付金は、治療費用の多少に関わらず給付されるものですので、治療費があまりかからなかった場合などは生活費の補填に充てることもできます。

一方治療によって給付金が異なる治療費用重視型の商品は、どのような治療を受けるかによって給付金額が異なるため実際にいくらもらえるのかわからない、という不安があります。

しかし、実際に治療費用が多くかかった場合には、その分の給付金があるということです。

がんになった場合に、一定の金額を補填してほしいと考えれば一般的ながん保険を、自分の貯蓄ではカバーしきれない多額の金額が必要になった場合に助けになることを目的とするならば、治療費用重視型の商品をという使い分けになるでしょう。

また、今回リストアップした商品の保険期間は、アフラックの「Days」以外は定期タイプです。ここ10年のがん治療の変化のように、今後も治療をとりまく環境は変わっていくかもしれません。定期タイプは更新の都度見直しの機会があると言えます。

一方で、若い頃は保険料が安いが更新の都度保険料がアップする、特に老後の保険料が高く、ずっと支払っていけるかどうか不安という一面もあります。貯蓄等での老後の医療費への備えも併せて行っていくバランスも必要になってくるでしょう。


2012年8月
ファイナンシャルプランナー
高田晶子
マネーライフナビ








マネーカウンセリングネット「Wealth」


生命保険比較 生命保険比較









住友生命/ 明治安田生命/ がん保険比較・ガン保険/ /セミナー講師

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ