保険加入後のアフターケアについてby しごとにん(37)日本生命

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説

保険加入後のアフターケアについてby しごとにん(37)

7312  日本生命
【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ

保険加入後のアフターケアについて

「45の保険会社から自由に選べます」ということで、最善の保障プランをつくり加入したとします。

考え抜いて納得のいくプランで、保険料の負担もそれほど負もない、のであれば言うことはありません。

しかし、生命保険との付き合いはこれで終わりではありません。
むしろこれからが本当の付き合いとなります。


担当者の対応次第で300万円がもらえた!?


少々極端な事例かもしれませんが、私の先輩の実例です。

いわゆる「三大疾病」または「三大成人病」(がん、心筋梗塞、脳卒中)になり所定の状態になると給付金が出る商品があります。

ニッセイの「アスリート」、第一生命の「シールド」、アリコジャパンの「エトワ」、ソニー生命の「リビング・ベネフィット(LB)」などのペットネームで呼ばれているものです。

基本的に、この類の商品は個人的にお勧めすることはありません。

なぜならば、この「所定の状態」がクセモノで、心筋梗塞と脳卒中の場合、「労働が制限される状態(または後遺症)が60日以上継続した場合」でないと支払い対象とはならないからです。

がんについては、初期がんでなければ給付されますが、それが欲しければがん保険の方がコストパフォーマンスは高くなることがほとんどですので、あえてこの保障に加入することは、お勧めしておりません。

そこで件の先輩ですが、自分ではこの三大疾病タイプもがん保険も加入しております。
そして「三大疾病タイプは必ず勧める」と胸を張っており、その理由が明確です。

あるお客様が脳卒中で倒れたときのことです。

もちろん先輩は入院の知らせを聞いてお見舞いに行き、回復を待って給付金について改めて説明をして手続きを行いました。

幸いなことに、そのお客様の容態は深刻でなく、1ヶ月ほどで退院したそうです。通常の入院保険については、問題なく給付されるわけですが、問題は「三大疾病」です。

「60日以上の労働制限または後遺症」というケースに当てはまらなければ、「三大疾病」の給付はありません。

こんなケースは、大いに想定されるので、私は「三大疾病」を勧めないのです。

しかし、わが先輩は違いました。

ケースバイケースであるとは思いますが、このお客様の場合、生活に支障がない程度の軽度の「後遺症」があったのです。

大げさに言えば「言語障害」、実際には少々滑舌が悪くなったが、時間とともに回復するだろう、という状態。

そこで関門は「診断書」です。

給付金が出るか出ないかの判断は、「診断書」にほぼ委ねられていると言っても過言ではありません。

そこで先輩は「先生には、まだ軽い『言語障害』が残っていると話して、診断書にきちんと書いてもらえるようにお願いして下さい」とお客様にアドバイスしました。

すると、後日「三大疾病」の給付金300万円はお客様に支払われました。

本ケースでは、保険会社が比較的支払いがいいところであったこともあり、すべてこのように推移するとは限りません。

しかし、わが先輩のようなアドバイスがなければ、ほぼ100%給付されなかったと思います。


給付金を請求しないで下さい


これも身近であったケースです。

お客様が「ぎっくり腰」で入院したということで、駆けつけました。

保険加入後、それほど時間が経っていなかったこともあり、一応通院などなかったどうかなど確認したところ、「実は・・・」ということで、保険加入をした前後で、腰痛で通院したこがあるようでした。

直接的に今回の入院とつながるか否か断定はできませんが、かなり微妙なところです。

ここでの対応は2つ考えられます。

ひとつは、とりあえず給付金を請求してみて、駄目なら駄目で諦める、という考え方です。

もうひとつは、今回も今後も腰についての入院給付金は請求せず、保険は他の疾病やケガに備える、という考え方です。

「ダメモト」でとりあえず保険会社に請求すればいいのに、というのが一番目の考え方ですが、これにはリスクがあります。

厳密には「告知義務違反」になる可能性があるので、保険会社に給付金を請求した場合、最悪「契約解除」になるかもしれません。

そうなると、他社で申し込む際に具合が悪くなることもあり、しばらくは新規加入が難しいことも考えられます。

しかしながら、「腰」についての請求をせず、他の内科系の疾病や他の部位のケガの場合に請求すると割り切れば、保険は継続できます。

最終的には、お客様にこの2つの選択肢をきちんと理解していただき、最終的にご判断いただく必要があります。

闇雲に「ダメモトでとりあえず保険会社に請求・・・」などと安易に対応してしまうのは如何なものか・・・ということです。

今回の事例は2つとも微妙なケースですので、お勧めするわけではありませんが、有事のときに何ができるのか、置かれている状況と約款の概要を鑑みて、どうすればお客様を守れるか・・・を真剣に考えるのがお客様側に立った担当者・代理店の責務であります。

保険加入時のアドバイスだけでなく、その後のフォローについて、どこまでやってくれる担当者・代理店であるのかどうか、重要な選択であると思います。


2007年10月


三大疾病保障特約とは
三大疾病保障保険ってつけたほうがいい?
保険会社都合のセット商品でなくても・
止めなきゃ良かった国内生保

病気を告知しなかったらどうなる?
過去の病歴と医療保険加入の関係
告知すれば保険金はもらえるの?







生命保険比較 生命保険比較









日本生命/ 第一生命/ がん保険比較・ガン保険/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ