注目商品 Bridge死亡保険(オリックス生命)by杉山明(15)オリックス生命

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説

注目商品 Bridge死亡保険(オリックス生命)by杉山明(15)

7519  オリックス生命
【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ

Bridge死亡保険(オリックス生命)



この商品の評価ポイント

  • 解約返戻金をゼロにしたことによって保険料を低廉に抑えている

  • 販売チャネルをインターネットに限定したことにより、保険料を低廉に抑えてい

  • 他社の同種の定期保険と比較しても保険料が割安である(上記契約例)

この商品の注意を要するポイント

  • 対面型商品(Fine Save )に比べると加入年齢の範囲、満期年齢、保険金額などで範囲が狭くなっている

  • 保険料の払込方法はクレジットカード払のみ

消費者側の注意点

  • 保険料を安く抑えるために解約返戻金をゼロにしている

  • 自動更新が80 歳までであり、対面販売の商品(Fine Save :90 歳)と比べると短くなっている

  • 保険料は安くなっているが、必要保障額の算出や保険(保障)期間の決定など、ほかの人のアドバイスを受けることなく自分で決定する必要がある。

商品戦略



オリックス生命の、Bridge (ブリッジ)はインターネット専用の無解約返戻金型の定期保険である。実は、オリックス生命は、同様に解約返戻金をゼロにした定期保険、Fine Save (ファインセーブ)を販売している。

こちらはインターネットでの取り扱いではなく、従来の対面型の販売チャネル用の商品となっている。Bridge とFine Save の違いはホームページもよく目に留まる場所に比較が掲載されている。

定期保険は、保険会社にとって理想的な商品のひとつである。掛け捨ての保険であるために、一般的に、終身保険などに比べて責任準備金の積立が少なくてすむ。限られた資本のなかで、効果的に保険ビジネスを拡大するためには、定期保険という保険商品は、ぜひとも主力であってほしい商品である。

新しい保険会社であるライフネット生命やネクスティア生命が定期保険の販売に注力するには理由があるのである。もちろん、同じ定期保険であっても他社を差別化する魅力を打ち出さなければならない。保険商品自体がシンプルな定期保険の場合、それは保険料の安さということになるのであろう。

かぞくへの保険(ライフネット生命)、カチッと定期(ネクスティア生命)、Fine Save (オリックス生命)の保険料はほぼ変わりない水準になっている。そのなかで、Bridge (オリックス生命)は、一段と安い保険料率を提供している。

ただし、販売の主力は、Bridge ではなくFine Save にとどまっている推測される。私たちが、車を購入するとき、同じブランドの車種であっても最も廉価版のタイプを購入することは少ないであろう。

さまざまなオプションや使い勝手などを総合的に考えると、廉価版より少し上のクラスのものを選ぶ人が多くなっているはずである。保険の場合も、車の場合とまったく同様である。Bridge の商品戦略上の位置づけは、「オリックス生命の定期保険は安い」と感じてもらうための商品ということになる。

商品分析





Bridge は、保険のことをすべてじぶんでやりたい個人に特化した商品になっている。そのため、求められる商品属性は、できるだけ安い保険料、自分ですべて契約できる、保険会社の人に会わなくて契約できるということである。一方、商品を理解する上でアドバイスをもらったり、少し複雑な契約形態になるような個人向けの商品はFine Save が用意されいている。

さらに、法人向けの場合、定期保険は節税商品として販売される。法人向けの場合、大切な属性は解約返戻率である。オリックス生命では、法人向けの定期保険としてロングターム7 という定期保険を用意している。定期保険をよりセグメント(細分)化することによって、顧客満足度を向上させようとしているのである。

消費者として注意しておきたいことは、保険料が一番安いという理由だけでこの保険を選んでも満足できないかもしれないということである。今後、保険の見直しなどで頼りになる代理店がほしいと思っている人や高い解約返戻金など求める要求が異なる場合には、別のタイプの商品がよいであろう。消費者の属性と商品の属性が一致しなければ満足につながらないことに留意しよう。


2011年8月





ファインセーブ(オリックス生命)
Bridge…ブリッジ定期保険(オリックス生命)
商品比較 ブリッジvsファインセーブ(オリックス生命)by古川悦子(41)
注目商品 ネット専用「Bridge」オリックス生命 by 伊藤亮太(14)
同額保障 ファインセーブ オリックス生命 by しごとにん(42)オリックス生命
商品比較200801 1000万円の定期保険比較オリックス生命
オリックス生命の新旧定期保険比較 by田辺南香(22)
生命保険の通販は本当に安いのか!?#4 byしごとにん(6)
「¥2,130,432の節約」の中身を検証by しごとにん(56)
注目商品 Bridge死亡保険(オリックス生命)by杉山明(15)
201108商品比較 掛け捨ての死亡保障比較(2011年版)






生命保険比較 生命保険比較









日本生命/ 第一生命/ がん保険比較・ガン保険/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ